400万円もある借金を返済するには?対処法や完済のコツはある?

ブタの貯金箱 その他
この記事は約6分で読めます。

一般的な目安として年収の3分の1、もしくは100万円以上の借金は返済能力を超えていると言われています。

つまり今回のテーマである「借金400万円」は、年収が1000万を超えるような人でない限り普通に生活しながら返済していくのは厳しい状況だと言えるでしょう。

金額が大きい分、毎月きちんと返済しているのに元本が減らないということにもなりかねません。

単純に、400万円だけを返済すればOKというわけではないのです。

そこで今回は、借金400万円を返済するためにすべきことや完済のコツ、債務整理を含めた対処法について紹介したいと思います。

400万円の借金とは?まずは現状を把握する

400万円の借金。

この金額に、どのようなイメージを持ちますか?

年収が500万円程度の人にとっては1年間の収入とほぼ同じ金額なので、大きな金額だなあという印象はあるでしょう。

しかし、逆に金額が大きすぎて現実を直視できない方もいるのではないでしょうか。

気づいたら借金が膨らんでしまって漠然と月々の返済だけをこなしているという方は、まずは現状を把握するところから始めましょう。

返済期間が長いほど利息が増えるので要注意

毎月きちんと借金の返済をしているのに借金が減らない…金額が大きくなればなるほど利息も大きくなるので、ある程度の金額を返済していても実は利息分にしかなっておらず、元本は全く減っていないというケースは珍しくありません。

400万円の借金がある場合、年利にもよりますが利息で毎月数万円程度は引かれてしまいます。

ある程度まとまった金額を返済していかないと、いつまでたっても借金そのものが残り続けてしまうのです。

400万円の借金の返済イメージ

400万円の借金を返済する場合、月々の返済金額と返済期間はどのようになるのでしょうか?

実際は複数の業者から借りている人がほとんどだと思いますが、ここでは分かりやすいよう1社からの借金ということにします。

400万円を年利18.0%で借りた場合、5年かけて返済しても月々の返済額は144,610円、利息を含めた総返済額は約520万円程度にまで膨らんでしまいます。

まずは現状を把握する

400万円もの借金を抱えている方は、ほとんどが複数の業者や友人から借りているのだと思います。

そのため、貸し主ごとにいくら借りていて月々の返済額がいくらなのか、返済期限はいつなのか、把握できてない方もいるでしょう。

まずは貸し主ごとの借金額や返済期限を書き出してみてください。

詳細が分からない場合は、借金の個人情報を記録している「信用情報機関」で教えてもらえます。

返済総額もきちんとチェック

上記でも説明したように、返済期間が長くなれば長くなるほど利息も増えてしまうので返済総額は大きくなります。

また、同じ400万円の借金だったとしても、返済期間や金利次第で返済総額は大きく変わってきます。

まずは自分が返さなくてはいけない金額がどのくらいになるのかチェックしましょう。

金額を知ることで、自分が返さなくてはいけない借金の大変さを実感できます。

400万円の借金を完済するコツ

それでは400万円の借金を完済するコツについて紹介していきたいと思います。

とは言ってもそれほど難しいことはありません。

簡単に言えば「利息の大きい借金(貸主)から先に返済していく」「支出を減らして収入を増やす(月々の返済額を増やす)」この2つです。

それぞれ詳しく説明していきましょう。

利息の大きい借金から先に返済していく

先に説明しましたが、返したお金はまず利息の返済に充てられてしまいます。

そのため利息の大きい借金は毎月決まった金額を返済してもなかなか元本が減りません。

400万円の借金を完済するためには、まず利息の大きい借金を優先して返済していくのがコツです。

繰り上げ返済分は元本から差し引かれるので、ボーナス等で余剰金ができた場合は利息の大きい借金を積極的に返済していくと良いでしょう。

金利の少ない借金を増やし金利の多い借金を返済する

金利の少ないところで借金をして、金利の大きい借金を先に返済してしまうというのも一つの方法です。

たとえば「おまとめローン」や「借り換え」などと呼ばれるものがそれにあたります。

しかし、乗り換えをしたことで新たに借金が増えてしまうケースもあるので要注意です。

400万円のうち何割かが金利の高い借金であるという程度なら、先述の方法を検討した方が良いでしょう。

月々の返済額を増やす

単純ですが、月々の返済額を増やせば当然完済までの期間も短くすることができます。

しかし、無理に返済額を増やすことで家計を圧迫し、日常生活に負担をかけるようになってしまっては意味がありません。

固定費を見直す、クレジットカードの枚数を減らす、可能であれば副業をするなどして、無理のない範囲で支出を減らし収入を増やす工夫をしてみましょう。

返済が厳しい場合は債務整理を検討する

400万円の借金を完済する方法やコツについて説明しましたが、これらの方法を試しても借金の完済が難しい場合は債務整理を検討するのも一つの方法です。

債務整理の手続きを行うことで借金を減額できたり、支払い義務を免除してもらえたりします。

債務整理は自分で手続きすることも可能ですが、専門知識がないと難しいので専門家に任せてしまった方が安心です。

債務整理とは

債務整理は主に任意整理・民事再生・自己破産の3種類があります。

それぞれの手続きごとに違うメリット・デメリットがありますが、共通のデメリットとして「ブラックリストに載る」ということが挙げられます。

任意整理は5年程度、民事再生と自己破産は5~10年程度、カード会社から新たな借り入れができないなどの状態になってしまうので注意しましょう。

任意整理の特徴とメリット・デメリット

任意整理は利息をカットしてもらうことで返済の負担を軽くできる手続きです。

借金の元本自体は減らない、カード会社が「任意」で交渉に応じてくれることが前提なので交渉してもらえない場合は手続きできない点がデメリット。

しかし、5年返済で和解できれば月々の返済額を約66,667円まで減らせるので、負担がかなり軽くなります。

また、整理する借金を自由に選べるというメリットもあります。

民事再生の特徴とメリット・デメリット

民事再生は借金の元本自体を大きく減額してもらえるのが最大のメリットです。

月々の返済額を最大で2万8,000円程度まで減らせる可能性があるので、任意整理だと負担が大きすぎるけれど自己破産はしたくないという方にはおすすめの方法です。

さらに住宅ローンが残った自宅を残したまま借金を減らせる「住宅ローン特則」が利用できます。

ただし、任意整理とは違い全ての借金が対象になる点がデメリットです。

自己破産の特徴とメリット・デメリット

自己破産は裁判所に申し立てをして、免責が認められれば借金がゼロになります。

言うまでもなく借金が無くなるという点が最大のメリットですね。

一方でほぼ全ての財産が没収されてしまう・一定期間は職業や資格が制限されてしまうといったデメリットがあります。

さらに、返済が不可能と判断される(免責が認められる)のは簡単なことではありません。

まずは専門家に相談する

借金の返済が難しい場合には、まず弁護士などの専門家に相談しましょう。

債務整理についてはもちろんのこと、返済計画などのサポートもしてもらえます。

費用の確保が難しい場合は、初回相談無料の法律事務所や法テラスに相談するのがおすすめです。

法テラスでは弁護士費用を立て替えてもらうことも可能なので、手元にお金がなくても安心です。

コメント