50万円の購入が必要?『アップル(Apple)』のバックエンド詐欺疑惑。

アップル アップル
この記事は約3分で読めます。

アップル(Apple)にバックエンド詐欺疑惑?

「稼げると聞いて購入したら高額塾への勧誘が始まった。」

「3万円で済むはずがこれがないと稼げないと言われ続け、気がついたら50万円も立て続けに投資してしまった。」

悪質なバックエンド商材の被害に合う人が跡を絶ちません。

バックエンド商法は集客用の商品(フロントエンド)を用意することで間接的に顧客に対し高額な商品(バックエンド)をアピールするマーケティング手法です。

ですが情報商材の世界においては騙すための戦略としてしばしば悪用されがちです。

メディアでよく目にするアップル(Apple)に、今このようなバックエンドの疑いがかけられています。

本当であれば強く警戒する必要がありますが実際はどうなのでしょうか。

調べさせていただきましたので、この疑惑について説明させていただきます。

バックエンド商法に対する勘違いとは

結論から言いましょう。

アップル(Apple)は先程挙げたような悪質なバックエンド商材ではありません。

どうやらバックエンド商法に関する勘違いから派生したユーザーの誤解、というのが正しいようです。

バックエンド商法はそれを利用して売られた悪質なものが目立ちすぎているせいか、一般的な意味があまり浸透しておらずバックエンド商法自体を悪いものだと思っている人が一定数存在しています。

ですが上で述べたとおりバックエンド商法自体は一般的なマーケティング手法ですのでそれは誤りです。

バックエンド商法自体を悪と結びつけて考えてしまうと途端に大きな誤解を生むことになってしまいます。

多くの一般的な商品を悪質なものだと断定してしまうようになるのです。

アップル(Apple)のバックエンド疑惑の真相

アップル(Apple)は悪質なバックエンド商材ではありませんが、それはバックエンド商法が使われていないということにはなりません。

アップル(Apple)の販売にはバックエンド商法が使われています。

まずバックエンド、アップル(Apple)ツールですが、この稼ぎの要である独自のノウハウがバックエンドになります。

しかし受け取る前にLINE登録が必要になります。

今は参加キャンペーンとして、登録後に現金1万円を合わせて受け取ることができるようになっています。

そしてフロントエンドはLINEの友達登録をすることでアップル(Apple)のパンフレットが受け取れるようになっています。

アップル(Apple)にはバックエンド商法が使われているという事実があるのです。

それではもうお分かりですね?

アップル(Apple)にバックエンド商法が用いられているという事実に基づいた情報を、バックエンド商法について勘違いしているユーザーが受け取った結果大きな誤解が生まれたというのが疑惑の真相だったのです。

正しい知識をもってして見ても、やはりアップル(Apple)は今最も稼げる副業というのは揺るぎない事実のようです。

コメント